Japan (日本語)
Japan (日本語)

F770

工業用FDM方式3Dプリンタ
F770 FDM方式3Dプリンタは、Stratasys FDMシステムの中で最も大きい製品の1つです。13立方フィートを超える造形容量とStratasys FDM方式3Dプリンタの最も広い造形チャンバー(X方向)を備えたF770は、大きな造形物を組み立てるための小型部品一式を造形できます。F770では、大型部品全体を造形するのに必要な造形エリアが備わっているため、大型部品の各部位を別々に造形して造形後に結合する必要がありません。また、Stratasys FDM方式プリンタで定評ある高水準の信頼性と再現性も備わっています。

F770 3Dプリンタの特徴とメリット

メリット
Features and benefits

F770では、トップクラスの大型システムに見られる高コストというハードルなしに、FDM方式3Dプリンタを使った大規模な造形を実現できます。

  • check F770ではその大型の造形チャンバーにより、大型部品を手頃な価格で造形できます。
  • check シンプルで使いやすい操作が、直感的なソフトウェアとリモートモニタリングによってさらに強化されています。
  • check 「造形だけで後は手間なし」の信頼性は、ストラタシスの実績あるFDMプリンタ技術によって実現されています。
  • check 可溶性サポート材料によって複雑な形状の大型部品も造形できるため、設計時の制限がなくなります。
カタログをダウンロード
特長
Features and benefits

F770には、信頼性の高い造形を実現できるよう、FDMテクノロジーで標準的に見られる使いやすさと再現性が備わっています。

  • check プリンタのガントリシステムにあるリニアモーターは、メンテナンス不要で正確な動作を確実にします。
  • check GrabCAD PrintおよびInsightソフトウェアを使用すれば、造形プロセスを制御する度合いを調整できます。
  • check 3つの層の解像度(スライス高さ)と可変スライス高さのオプションにより、造形結果をより細かく制御できます。
  • check MTConnect機能を使用すると、プリンタを生産現場の情報システムに統合できます。
仕様書ダウンロード

F770は、幅広い3Dプリンタ用途に対応可能な、耐久性に優れた2つの熱可塑性プラスチックを使って造形できる状態で出荷されます。 

ASA

ASA

ASAはABSに似ていますが、UV耐性があり、表面が滑らかです。

ABS

ABS-M30

ABS-M30は強度と靱性に優れた熱可塑性プラスチックで、多くの3Dプリンティング用途に適しています。

ASA

ASAはABSに似ていますが、UV耐性があり、表面が滑らかです。

ABS

ABS-M30は強度と靱性に優れた熱可塑性プラスチックで、多くの3Dプリンティング用途に適しています。

主なアプリケーション

F770は小型プリンタでは実現できなかった、3Dプリンタの大規模造形用途への可能性を広げます。白物家電のような大型製品メーカーは、より幅広い部品のプロトタイピングや最終部品の少量生産を行えるようになります。F770では大型の治具や固定具を造形し、それを部品の造形サポートとして使用することもできます。  

Prototyping

プロトタイピング

大容量のF770によって、大型パーツのプロトタイプを社内で簡単に作成することが可能になりました。

Jigs and fixture

治具と固定具

治工具を製造または外注する代わりに3Dプリンタで造形することで、コストを削減し、リードタイムを短縮できます。

Image

最終部品

小さな部品を多数生産する場合でも、少量の大型アイテムを生産する場合でも、F770はこのような特定の生産ニーズに対応するのにちょうどよいサイズです。

Prototyping

大容量のF770によって、大型パーツのプロトタイプを社内で簡単に作成することが可能になりました。

Jigs and fixture

治工具を製造または外注する代わりに3Dプリンタで造形することで、コストを削減し、リードタイムを短縮できます。

Image

小さな部品を多数生産する場合でも、少量の大型アイテムを生産する場合でも、F770はこのような特定の生産ニーズに対応するのにちょうどよいサイズです。

F770と他のFDM方式3Dプリンタとの比較

Download spec sheet

お客様のニーズに最も適しているFDM方式3Dプリンタは、コンパクトで効率的なものでしょうか、それとも価格を抑えた大容量やプレミアムな機能を備えているものでしょうか。関連するFDM方式3Dプリンタシステムやその仕様と比較し、ストラタシスのFDMテクノロジーのメリットをご確認ください。

  • トレイサイズとビルドトレー形状
  • 材料
  • カートリッジ容量
  • Brochure
F370

F370

  • トレイサイズとビルドトレー形状 14 x 10 x 14 in.
    (355 x 254 x 355 mm)
  • 材料 8
  • カートリッジ容量 4
    material spool bays (2 model – 2 support)
    Auto material changeover
  • Brochure Download brochure
  • トレイサイズとビルドトレー形状 914 x 610 x 914 mm
  • 材料 16
  • カートリッジ容量 最大500立方インチ
  • Brochure Download brochure

F770プリンタまたはその他のプリンタやテクノロジーの詳細については、当社のエキスパートにお気軽におといあわせください。

エキスパートに相談する

お客様の導入事例

お客様の成功事例

F770はメーカーが導入しやすく、使いやすい大型3Dプリンタです。活用事例でも言及されているとおり、これはコストと時間の大幅な節約を達成するうえで重要な要素となります。 

Image

Daikin社

Daikin Applied社のエンジニアは、F770のサイズを活用してHVACテストチャンバー用の大型交換部品を製作し、大幅なコスト削減を実現しました。

Prefix

Prefix社

Prefix社の設計者は、重いマルチピースの自動固定具を、F770で造形した大型ながらも軽量なシングルピースの固定具に置き換えました。

Notre

ノートルダム大学

F770はノートルダム大学のIDEAセンターの中心的な備品として、次の起業家を目指す学生たちを支援しています。

Subzero

Sub-Zero社

Sub-Zero社の3DプリンタチームはF770を活用することで、必要な大型部品を製造できない問題を解決しました。

Image

Daikin Applied社のエンジニアは、F770のサイズを活用してHVACテストチャンバー用の大型交換部品を製作し、大幅なコスト削減を実現しました。

Prefix

Prefix社の設計者は、重いマルチピースの自動固定具を、F770で造形した大型ながらも軽量なシングルピースの固定具に置き換えました。

Notre

F770はノートルダム大学のIDEAセンターの中心的な備品として、次の起業家を目指す学生たちを支援しています。

Subzero

Sub-Zero社の3DプリンタチームはF770を活用することで、必要な大型部品を製造できない問題を解決しました。

grabcad print image

GrabCAD Printソフトウェア

強力で直感的なソフトウェアにより、3Dプリンタのワークフローを簡略化

GrabCAD Printソフトウェアは、ストラタシスの3Dプリンタを動作させ、3Dプリンタによる造形を簡単で分かりやすくする機能と柔軟性を提供します。基本的に、GrabCAD Printソフトウェアは、CADモデルから物理的な3Dプリント部品を得るまでの煩わしさを取り除き、プロセスをスピードアップします。部品を設計したら、あとはGrabCAD Printソフトウェアにお任せください。