Japan (日本語)
Japan (日本語)

3Dプリンタの革新的な用途

3Dプリンタの汎用性:さまざまな業界にわたって従来の製造に革命をもたらす包括的な数々の用途

製品ライフサイクルのあらゆる段階で業界のニーズを満たすようにカスタマイズされた3Dプリンタ用途の多様なポートフォリオをご覧になり、AM技術の世界を探索しましょう。革新的なプロトタイピングから最終用途部品の作成まで、当社のテクノロジーは、企業における設計と生産へのアプローチ方法を一新しています。歯科用途に特化したソリューションやワークフローの効率化を実現するカスタムの治具と固定具、比類のないカスタマイズを提供する医療機器製造について紹介していますのでぜひご覧ください。ストラタシスは多くの産業を含む業界を変革する最前線に立ち、イノベーションを推進するというコミットメントを示しています。

design.

設計

シームレスな製品ライフサイクルで比類のないリアリズムを備えたモデルを設計、造形、テストし、そのプロセスを反復可能

3Dプリンタを活用して正確で信頼性の高い製品開発を行い、設計に関する最適なコミュニケーションを促進して市場投入までの時間を短縮します。

package.

パッケージ

3Dプリンタで市場投入までの時間を短縮し、費用対効果の高い高品質のパッケージプロトタイプを実現

Pantone認証カラーと非常に鮮明なディテールを特徴とする忠実度の高いフルカラー3Dプロトタイプで、パッケージデザインに革命を起こします。

rapid prototyping.

ラピッドプロトタイピング

3Dプリンタによる高度なラピッドプロトタイピングにより、アイデアを正確で忠実度の高いプロトタイプにすばやく変換

3Dプリンタソリューションで設計とエンジニアリングのプロトタイピングに革命を起こし、効率向上、コスト削減、市場投入までの時間の短縮を実現します。

dentures.

義歯

真の審美性を実現3Dプリンタで造形されたモノリシックなフルカラーの永久義歯

J5 DentaJet用に開発されたFDA認可(クラスII)樹脂であるTrueDentを使用して3Dプリンタで義歯を造形することで、着脱式義歯の生産を効率化できます。

Man Stands at manufacturing tool

治具と固定具

治具や固定具、検査ツールの製造プロセスを最新化して改善

3Dプリンタで造形された治具や固定具、その他の製造ツールは、従来の金属製ツールに比べて時間、コスト、重量の面で優れています。

3d Printed Shoes.

生産部品

生産部品の3Dプリンタによる造形は、標準的な製造方法に代わる効率的な方法です。

カスタムの最終用途部品をオンデマンドで製造し、従来の製造にかかっていた高コストと長いリードタイムを回避できます。

Composite Tooling

コンポジット金型

3Dプリンタで造形されたコンポジット金型でコンポジット部品の生産を効率化および簡素化

3Dプリンタを使うと、コンポジット構造用の金型を、従来の硬質金型の調達にかかる時間よりもはるかに短い時間で作成できます。

design.

3Dプリンタを活用して正確で信頼性の高い製品開発を行い、設計に関する最適なコミュニケーションを促進して市場投入までの時間を短縮します。

package.

Pantone認証カラーと非常に鮮明なディテールを特徴とする忠実度の高いフルカラー3Dプロトタイプで、パッケージデザインに革命を起こします。

rapid prototyping.

3Dプリンタソリューションで設計とエンジニアリングのプロトタイピングに革命を起こし、効率向上、コスト削減、市場投入までの時間の短縮を実現します。

dentures.

J5 DentaJet用に開発されたFDA認可(クラスII)樹脂であるTrueDentを使用して3Dプリンタで義歯を造形することで、着脱式義歯の生産を効率化できます。

Man Stands at manufacturing tool

3Dプリンタで造形された治具や固定具、その他の製造ツールは、従来の金属製ツールに比べて時間、コスト、重量の面で優れています。

3d Printed Shoes.

カスタムの最終用途部品をオンデマンドで製造し、従来の製造にかかっていた高コストと長いリードタイムを回避できます。

Composite Tooling

3Dプリンタを使うと、コンポジット構造用の金型を、従来の硬質金型の調達にかかる時間よりもはるかに短い時間で作成できます。

よくあるご質問

3Dプリンタの利用範囲は著しく拡大しており、製品ライフサイクル全体を網羅しています。当初はラピッドプロトタイピングが中心でしたが、初期段階のモデル作成とテストを乗り越えて進化を遂げています。3Dプリンタは現在、設計およびエンジニアリングテストの段階だけでなく、最終用途部品の生産においても重要な役割を果たしています。この技術的進化は、プロトタイプを改良し、最終製品の品質を確実に最高の状態にする上での有用性を明確に示しています。その多様な用途は今や、構想から完成まで製品開発のあらゆる段階に不可欠であり、さまざまな業界における3Dプリンタの変革的な影響を浮き彫りにしています。

3Dプリンタの最も一般的な用途はラピッドプロトタイピングです。この用途は、デジタル設計から物理モデルを迅速かつコスト効率よく作成できる点で際立っています。ラピッドプロトタイピングにより、デザイナーやエンジニアは、従来の製造方法よりもはるかに手早くアイデアをテストし、設計を繰り返して、コンセプトを検証することができます。特に、自動車、航空宇宙、ヘルスケア(医療や歯科を含む)、消費財など、イノベーションのスピードと大量生産前にアイデアをテストできることが重要な業界ではその価値を発揮します。こうした3Dプリンタの活用により、製品開発プロセスが大幅に変革され、より効率的で適応性の高いものになりました。

AM技術(3Dプリンタ)にはどのような用途がありますか?一般に3Dプリンタとして知られるAM技術は、その幅広い用途でさまざまな分野を変革してきました。歯科業界では、カスタマイズされた義歯の作成に使用され、より正確なフィット感と快適さを提供しています。メーカーは、治具や固定具の製造に3Dプリンタを活用し、生産プロセスの効率を高めています。航空宇宙業界や自動車業界では、コンポジット金型に使用され、複雑な部品の金型やパターンの生産に効果を上げています。

ラピッドプロトタイピングは、おそらく最も重要な用途の1つであり、企業は製品設計を迅速に開発して反復することができます。この技術は、最終用途生産の領域、特に複雑な部品の短期生産にも足を踏み入れています。従来の製造プロセスを効率化して、設計から生産までのワークフローをより直接的に実現し、無駄を減らします。

医療分野では、3Dプリンタは革命的であり、インプラントや人工装具などの患者固有のデバイスの作成を可能にしました。工業デザイン、ファッション、建築など、さまざまな分野のデザイナーがこの技術を活用して、複雑で革新的なアイデアを形にしています。3Dプリンタの汎用性は、その影響力を拡大し続けており、これらの業界をはじめとする多くの業界に新たなレベルのイノベーションと効率をもたらしています。

3Dプリンタの最大の用途は、普及率と影響力の観点から考えて、ラピッドプロトタイピングです。この用途は、デジタル設計から直接、物理モデルやプロトタイプを迅速に作成できるため、多くの業界で基本的なものとなっています。3Dプリンタによるラピッドプロトタイピングは、従来のプロトタイピング手法に伴う時間とコストを大幅に削減します。

この用途は、自動車、航空宇宙、工業デザイン、ヘルスケア、消費財などの業界で不可欠です。これにより、デザイナーとエンジニアは、形状や適合性、機能をテストし、反復的な変更や設計の検証により、製品開発サイクルの早い段階で洞察を得ることができます。プロトタイピングは、3Dプリンタによりスピードと柔軟性がもたらされるため、設計および製造プロセスに不可欠なツールとなっており、ほぼ間違いなくこの技術の最も重要で広く使用されている用途と言えます。

一般に3Dプリンタと呼ばれるAM技術は、その多様な用途により、さまざまな業界で極めて重要な役割を果たしています。ラピッドプロトタイピングを通じて製品開発プロセスに革命をもたらし、迅速な設計検証と反復を可能にします。ヘルスケア分野では、たとえば、人工装具などの高度にカスタマイズされた医療機器を、個々の患者のニーズに正確に合わせて作成しています。航空宇宙業界や自動車業界は、性能を高める複雑で軽量なコンポーネントを製造できる3Dプリンタの恩恵を受けています。さらに、金型と治具の作成を可能にし、コンシューマー製品のカスタマイズに無限の機会を提供します。芸術、ファッション、教育、研究、デンタルケア、エレクトロニクスプロトタイピングなど、3Dプリンタを採用している分野は数多くあり、その汎用性と現代の製造とイノベーションへの大きな影響を示しています。