Close
An ST-130 sacrificial lay-up tool and the resulting composite part

ST-130のサポート材を利用して、最終的に複雑なモデルを造形。

空洞のある造形物を簡単にプリント

サポート材であるST-130を使えば、空洞のある造形物を簡単に制作できます。ST-130はオートクレーブ処理にも耐性があり、加熱加工後の溶解で仕上げパーツのみが残るので、空洞のある複合体の形成が簡単にできます。

見積もりを依頼

サポート材

ST-130はサポート材料専用として設計、実証されています。内部の密度を標準的なトライアングルパターンで造形することで、造形速度を最適化、材料の節約をし、溶解を促進させています。ST-130ではオートクレーブでの加熱加工が可能なため、空洞の複合材部品の作製に使用する捨て材モデルに最適です。

反応特性と用途

a chain link graphic that represents strength

圧縮強度

14.5 MPa(エッジ)    27.8 MPa(直立)

a fire graphic that represents heat

荷重たわみ温度

108°C

a fire graphic that represents heat

ガラス転移温度

132°C

a fire graphic that represents heat

CTE

107 μm/(m·°C)

ST-130

ST-130 sacrificial tool, composite lay-up and resulting composite part

FDM用サポート材

複雑な部品にアディティブマニュファクチャリングを活用する

当ホワイトペーパーはST-130の活用方法をご紹介します。最適なアプリケーション、ツール設計、造形結果の最適化などについて言及します。

続きを読む(英語)

Need to connect with an expert about materials?

Get in touch