Close

障壁を取り除く

デザイン、開発、製造の分野における3Dプリンティングの貢献は、決して目新しいものではありません。この技術は30 年以上にわたってさまざまな形で利用されてきたものであり、「つぎの産業革命」と呼ばれることもよくあります。中には大げさな表現もありますが、それでも、アディティブ・マニュファクチャリングとも呼ばれる3Dプリンティングが、デザインや製造の有益な方法として、またラピッドプロトタイピング (RP) の基盤として、その地位を確立していることは明らかです。3Dプリンティングは、製品の製造プロセスを効率化、強化するツールとなることで、企業の競争力を高める役割を十分に果たしています。

アディティブ・マニュファクチャリングを採用して製品開発の方法を変更するという選択肢は、競争上の優位性を獲得する手段として、すでに数多くの事例で優れた成果を上げています。3Dプリンティングにより、新製品の開発時間を大幅に短縮し、デザインを調整しつつ、最適な形で市場に投入できるようになります。

当ホワイトペーパーでは、ストラタシスのF123シリーズを取り上げながら、さまざまな課題に対する解決策をご提案します。

ホワイトペーパーをダウンロード