Japan (日本語)
Japan (日本語)
Top view of Parazero drone black background.
Case Study

Taga社:J35™ Proによる革命的なエンジニアリング設計

12月 08, 2021

ストラタシスの技術を活用して、Taga社はどのようにドローンの安全機能を作り上げたのか。

はじめに

デザイン・設計事務所がビジネスを継続するためには、常に多くのハードルが存在します。今日の世界では、競争の激化に加え、クライアントに感動と満足を与え、革新的なソリューションを提供し続けることが、多くの企業にとって不必要なプレッシャーとなっています。工業デザイン、エンジニアリングプランニング、UX/UIの分野を専門とした、製造エンジニアリング会社であるTaga社は、社内に3Dプリンタを導入することで、この業界の企業が直面している従来の課題への対処に役立つかどうかを判断するために、J35™ Pro PolyJet™3Dプリンタでアプリケーションをテストすることにしました。Taga社のプロジェクトマネージャーであるヤニヴ・アディール氏が、J35 Proの導入によって得られた教訓のいくつかを共有してくれました。
Parazero drone dark background.
Parazero drone dark background.

J35 Proを導入する前は、モデルについてのコミュニケーションや準備に多くの時間を費やしていました。プロセス全体に何週間もかかり、多くのテストが必要でしたが、それでも常にモデルが機能するとは限りませんでした。現在は、社内工程の可能性が広がり、ほとんどの造形作業を一晩で完了することができ、実際に機能するさまざまなモデルをお客様と共有することができます。

課題

J35 Proを導入する前、Taga社では、設計プロセス完了後、モデルの送信とテストに非常に長い時間がかかっていました。この問題のため、限られた数のモデルしか外部ベンダーに送信できませんでした。また、外部ベンダーが信頼できる相手であり、自社およびそのクライアントによる開発IPを外部ベンダーが公開することはないという確認にも細心の注意が払われていました。コンセプト検証テストにも限られた数のモデルしか含めることができず、それらのモデルも必ずしもTaga社が目指す品質と精度を満たしているとは言えませんでした。ヤニヴ氏は、何かを変えなければならないと考え、「ビジネスを成長させ、お客様へのサービスを向上させたいのであれば、提供する製品を改善しながら、サービス提供までの時間を短縮するのが最善の方法です。」と述べています。
Top and bottom view of Parazero drone white background
Top and bottom view of Parazero drone white background

このことは、当社の医療プロジェクトのいくつかで非常に有益でした。また、さらなるメリットとして、当社の設計の一部をIP保護することができます。外部に送信する代わりに社内で造形できるため、セキュリティを向上させ、関連リスクを減らすこともできます。

解決策

Taga社は、Stratasys J35 Proを設計者とエンジニア向けに採用することを決定しました。このプリンタには多くのメリットがありますが、ヤニヴ氏によれば、その最大なメリットは迅速なテストを実施できることです。これは社内外を問わず、お客様に対しても重要であることはすでに証明されています。

たとえば、Taga社のプロジェクトの1つに、ドローン向けの安全機能に関係するものがありました。この製品の課題は、ドローンロータリーを停止する機能を持ちながら、破損しやすさを軽減することでした。ロータリーに高い柔軟性を持たせる必要がありましたが、同社はどれくらいの剛性が最適であるか確信が持てませんでした。この問題は、複数の造形物を使い分けることで解決されました。J35 Proを導入する前は、これほど多くの造形を実施するには、非常に長い時間と数え切れないほど多くの試行錯誤が必要でした。しかし、J35 Proを使い、剛性の異なる4種類のサンプルを造形することで、クライアントはすぐにコンセプトを理解し、適切な設計を採用することができました。これにより、製品として成立させるだけでなく、差別化を図ることもできたのです。

結果

Taga社は、J35 Proにより、マルチマテリアル・プリンティング技術を導入することができました。また、柔軟な材料と剛性のある材料を組み合わせることで、さまざまな製品ニーズを満たすプロトタイプを設計できるようになりました。

活用事例をダウンロード

ダウンロード