Close

複数材料に対応する3Dプリンタがより素晴らしい造形をもたらす。

Jaguar Land Rover社は、2008年夏にオブジェットのConnex500を導入しました。この3Dプリンタは、2つの異なる材料を組み合わせ、それらの最適な特性を活かして優れたモデルの製造を可能にする複数材料処理機能を備えている点が評価されて選ばれました。JaguarとLand Roverという2つの世界的な高級車ブランドは、2000年以降、最初はFord Motor Company社の一部門として、現在はインドTATA グループの英国支部として単一の資本の傘下に組み込まれてきました。

この2つの高級車ブランドは元来、まったく異なる展望を持って生まれました。最初のJaguar車であるSS100は、時速100マイルを達成した初めてのスポーツ・カーとして1935年に発売されました。この自動車はクラシックなラインと高性能を兼ね備えており、速度、快適さ、レースでの強さが評判のJaguar車の優れた系統を予感させるものでした。対照的に、1948年に製造された最初のSeries 1 Land Rover 80は、まったく異なった特性を持ち、質実剛健なデザインとオフロード性能を備えた「汎用車両」でした。現在、Jaguar Land Rover (JLR)社で製造されている車両ラインナップは8つあります。これらのラインナップが市場でのその高級車としての地位を維持できるように、Jaguar Land Rover社の約20%の従業員が製品開発に携わっており、企業内のプロトタイプ製造およびツーリングで最新のCAD技術を使用して迅速にデザインを確認しています。CNCモデル製造や完全装備の金属加工およびツールショップ以外にも、プロトタイプ製造機能には、SLA、光造型、ポリマー噴射技術を使用した複数のRPマシンが含まれます。
“樹脂ベース部品の場合ではCONNEXが主流になっており、現在は製造されるプロトタイプのうち3分の1以上がCONNEXで造型されたものです。”
Objet500 Connex
Objet500 Connexを使用している企業は、ラピッドプロトタイピングの可能性を広げています。

適合性および機能のテスト

オーバー・モールディングも、Connexの重要な機能です。たとえばゴム・シーリング付きのカバーを作成する場合、2つの材料が混ぜ合わされずに使用されます。洗浄後、適合性および機能のテストにアセンブリを直接使用できます。Connex を使用するその他の主な用途としては、軟質のTangoBlack Plusが使用されるドア・シーリングや保護カバーの開発、最近では機能テスト用の部品の作成などがあります。Jaguar Land Rover社でのConnex機能の最大のユーザーは、スタイリング部門です。3Dプリンタで造型したモデルの半分以上がデザイン・スタジオまでたどり着き、新しいデザイン案を仕上げるために役立てられています。

好例は、フロントガラスの洗浄5 回ごとに伸長してヘッドライトを洗浄する、伸縮型ヘッドライト洗浄システム全体の作成でした。Connexで造型したコンポーネントは、厳格なテストに十分耐えられるだけの堅固さがあるとわかり、費用のかかるツーリング段階に進む前にデザインを確認することができました。Connex の様々な特性は明らかに、上記の用途に対して様々に効果を示していますが、要約すれば、Jaguar Land Rover社の全体的なメリットは、高い精度と寸法管理を備えた優れた部品定義であり、簡単な操作、高速な造型スピード、単純なクリーニング・プロセスによる作業時間の短縮です。さらに具体的に言うと、他の手段であれば時間も費用もかかっていた部品のプロトタイプ製造が、ConnexではCADデータから直接行うことができ、これがConnex の大きな魅力になっています。
Jaguar uses a wide range of prototyping technologies to make parts like this.
Jaguar社はこのような部品を作製するため幅広いプロトタイプ技術を活用。 

CAD データからダイレクトに部品のプロトタイプを製造
 

Jaguar Land Rover社は樹脂ベースのRPプロトタイプ製造機能を拡張するために、2008年にConnex500に投資しました。エラストマー、ゴムライク材料でCADデータから直接モデルを作成し、作動機構を製造できることは、開発サイクルの短縮に貢献するもう1つの大きなメリットです。Connexはその機能を証明するために、当初、Range Rover Sportのダッシュボードのエア・ベント・アセンブリ全体の製造に活用されました。このモデル化には、ハウジングと空気方向調整板に硬質材料が、コントロール・ノブとエア・シーリングにゴムライク材料が使用されました。Jaguar Land Rover社は、単一のプロセスで、ダッシュボードのエア・ベント全体を可動部品として造型することができました。造型完了後、モデルはConnexから取り出し洗浄され、その後即座にテストに使用されました。調整板のヒンジがすべて作動し、コントロール・ノブが正しい外観と感触を呈していることを確認することができました。Objet Connex500™の基幹となっているものがPolyJet™テクノロジーです。事前設定された組み合わせで2 つの異なるモデル材料をマトリックス構造に噴射することによって、仕上げと同様に、機械的および物理的な属性が異なる柔軟な材料と硬質な材料を複数作成することが可能になります。
 
顧客事例をダウンロード
ダウンロード