Close
F123シリーズの3Dプリンタ

プロフェッショナルな3Dプリンティングを
簡単に。

F123シリーズの3Dプリンタは、産業用グレードの機能とシンプルな操作を両立した製品です。F123プリンタを使えば、特別な専門知識を必要とすることなく、カーボンファイバーを使った3Dプリンティング、迅速で簡単な材料交換、自動校正を行い、高精度で信頼性の高い結果を生み出すことができます。

見積りを依頼

ご希望の
使用用途に対応。

多様な材料を使用できるF123シリーズ3Dプリンタは、用途の幅を広げます。カーボンファイバーに対応しており、頑丈で軽量な製造ツール、治具、固定具の製作に使用できます。プリントと検証を素早く行うことで、より迅速なプロトタイピングが可能になります。3Dプリンティングを授業に取り入れれば、学生に将来仕事で求められるスキルが身につきます。

製造からプロトタイピング、教育まで

治具と固定具

治具、固定具、製造補助具の3Dプリンティング専用の材料を使用すると、生産現場の効率が向上し、人間工学に基づいた、作業者にとって容易なツーリングが可能になります。

プロトタイプ

F123シリーズ3Dプリンタは使いやすく、従来のプロトタイピング手法よりはるかに素早く設計を繰り返すことができます。静かでコンパクトなため、オフィスや生産現場での使用にも適しています。

教育

F123シリーズのシステムは、教育現場向けの3Dプリンタとしても最適です。操作が簡単で安全機能が組み込まれているため、製造、設計、エンジニアリングのキャリアに必要となるスキルを学生に教えるのに理想的なツールです。

生産部品

従来の機械加工や成形では非経済的になるカスタム部品の製作や少量生産も、F123シリーズ3Dプリンタを使うことで可能になります。耐久性のある材料と可溶性サポートによって、制限なく自由な設計を行えます。

ビジネスへのインパクト。

3Dプリンタの性能と信頼性は、最終収益に直接影響を与えます。F123シリーズ3Dプリンタを他社製品と詳細に比較した資料をダウンロードできます。

無限の可能性を追求。

F123シリーズ3Dプリンタの機能には、無限の可能性があります。F123によって得られるメリットの実例として、他のユーザーによる使用用途や部品の活用事例をご覧ください。このパンフレットでは、鮮明で色彩豊かな画像と説明によって、このプリンタの汎用性を紹介しています。

F123シリーズ
対応材料

すべての材料を表示

F123シリーズ3Dプリンタは幅広い材料を使った複数のカラーでの造形が可能なため、さまざまな用途に活用できます。材料は、標準エンジニアリンググレードの熱可塑性プラスチック、軟質熱可塑性ポリウレタン樹脂(TPU)、またはカーボンファイバーや静電気拡散性ABSなどの特殊な材料から選択できます。材料によって4段積層まで選択できるため、精度を高めたり、合計プリント時間を短縮するように最適化できます。

日々の製造に関わる
課題を解決。

日々の製造に関わる
課題を解決。

Polaris社には、オートバイやATVなどのパワースポーツ用車両から、政府機関や防衛組織向けの戦闘用車両まで、車両の開発に関する豊かな歴史があります。Polaris社は革新的なテクノロジーを使用して、製造現場で発生する日々の問題を解決しています。F123シリーズプリンタも、そのようなテクノロジーの1つです。動画では、Polaris社がF123シリーズ3Dプリンタと幅広い材料を使ってどのように新しいツーリングの設計を繰り返し、変化し続ける製造ニーズへの対応に必要な柔軟性を実現しているかご覧いただけます。

F123シリーズプリンタを比べてみる。

F123シリーズプリンタは3機種で、製造から教育まで、用途に合わせて最適な製品を選択できます。

 

F170

F270

F370

最大ビルドサイズ

 

254 x 254 x 254 mm(10 x 10 x 10 in)

305 x 254 x 305 mm(12 x 10 x 12 in)

355 x 254 x 355 mm(14 x 10 x 14 in)

(printed synonymously)
  • PLA
  • ASA
  • ABS-M30
  • ABS-CF10
  • FDM TPU 92A
  • QSRサポート材料
  • PLA
  • ASA
  • ABS-M30
  • ABS-CF10
  • FDM TPU 92A
  • QSRサポート材料
  • PLA
  • ASA
  • ABS-M30
  • ABS-CF10
  • PC-ABS
  • FDM TPU 92A
  • Diran 410MF07
  • QSRサポート材料

材料容量

(printed synonymously)
2

つのマテリアルスプールベイ(モデル用1つ – サポート用1つ)

4

つのマテリアルスプールベイ(モデル用2つ – サポート用2つ)自動材料切り替え

4

つのマテリアルスプールベイ(モデル用2つ – サポート用2つ)自動材料切り替え

ソフトウェア

 

GrabCAD Print

GrabCAD Print

GrabCAD PrintおよびInsight

仕様書をダウンロード

F123と競合製品の違い。

3Dプリンティングを初めて使用する場合、デスクトップ3Dプリンタや低価格の3Dプリンタを選択することは理にかなっていると考えられます。一方、これらの3Dプリンタは一般的に業務用のレベルには達していないため、適切な選択肢とは言えないこともよくあります。これらのプリンタとF123シリーズ3Dプリンタの性能比較に関心がありますか?このホワイトペーパーでは、他社製の3Dプリンタの比較と、それぞれの3Dプリンタの性能を示しています。ホワイトペーパーをダウンロードして、結果をご確認ください。

F123プリンタの比較情報を見る

3Dプリンティングを使ったツーリングの事例。

今もなお、低速でコストのかかる方法で製造ツールを製作している企業は少なくありません。一方、必要に応じて3Dプリンティングへの切り替えを行った企業は、リードタイム、コスト、機能性、人間工学的な快適性において具体的なメリットを実現しています。製造に役立つ、ある秘訣をお伝えします。当ソリューションガイドでは、治具、固定具、その他の製造補助具の製作に最適な3Dプリンティングを使用して、生産現場での作業を改善する事例をご紹介しています。

ソリューションガイドをダウンロード

よりスマートなプロトタイピング。

競争力を維持するには、製品を競合他社より迅速に市場に投入しなければなりません。また、より迅速かつ効果的にプロトタイプを製作し、アイデアを慎重に検討して製品を最適化することも必要です。このホワイトペーパーでは、F123シリーズプリンタを使用してラピッドプロトタイピングをスマートかつ迅速に行い、生産性を向上し、製品を市場に投入できるようにする方法を紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

CADから直接プリント。ファイルを変換するための時間をゼロに - 設計から試作までのプロセスをシームレスに。

詳細はこちら

ページトップへ
ROI
材料
比較