Close

ラーフェンスブルクヴァインガルテン応用科学大学

ドイツ南部にあるラーフェンスブルクヴァインガルテン応用科学大学は、工学、経済学、社会科学に重点を置く研究機関です。 機械工学部では、州が主導する研究プロジェクトの一環として、初めての自動平衡スクーターを製作するプロジェクトを開始しました。

「このプロジェクトの重要な目標の1つは、カスタマイズした製品、この場合は自動平衡スクーターを製作するための実行可能なデザインプロセスを構築し最適化することです。」と ラーフェンスブルクヴァインガルテン大学機械工学部長の工学博士Markus Till氏は説明します。 「1つの物を製作する際、従来の製造方法の限界を乗り越えるために、さまざまなテクノロジーやプロセスを試してみるよう学生に促しています。」


Download

3Dプリントされたスクーターフレームにバッテリーと電動モーターを収容。

「ストラタシスの積層テクノロジーによって、フル機能の自動平衡スクーターを短期間で製造することができました。この設計によるスクーターは、その複雑さから、以前はいかなる方法でも作ることができないものでした。」

ラーフェンスブルクヴァインガルテン応用科学大学、工学博士兼教授、 Markus Till氏