Close

ニューヨーク州立大学ニューパルツ校

ニューヨーク州立大学(SUNY)ニューパルツ校では、機械工学や芸術学から英語学、哲学に至るまでキャンパス全体に3Dプリンティングが開放されています。 この大学のSMART(Stratasys-MakerBot積層研究教育)ラボには、FortusおよびConnexシステムなどの3Dプリンタが40台以上とMakerBotが35台以上設置されています。 このラボは、大学だけでなく地元の企業にとっても優れたリソースです。

「私たちは、キャンパス全体と地元企業の中核的なプリントサービスセンターとして活動しています。」と、SUNYニューパルツ校理工学部長Daniel Freedman博士は言います。 「地元企業はこのラボを訪れて、彼らのニーズを説明します。それに応じて、私たちは、ソリューションを設計する生徒を紹介します。」


Download
3D printed art sculptures created by SUNY New Paltz students.

SUNYニューパルツ校の生徒が3Dプリントして製作した芸術作品。

「これらのソリューションを見つける作業は反復的なプロセスであり、学生がスキルを身に付けるのに役立ち、周囲のコミュニティーに大きな影響を及ぼします。 学生たちはそれを見て、そこから学ぶことができるのです。」

ニューヨーク州立大学ニューパルツ校、Daniel Freedman博士