Skorpion社

多くの消費者にとって、自動車を選ぶことは自己表現の1つの方法です。 ところが、多くの場合、顧客が選ぶ自動車のイメージは顧客自身の表現ではなく、自動車デザイナーが描いたイメージです。 大阪府池田市にある小型軽量自動車のメーカー、ダイハツ工業は、より自由なカスタマイズとデザインを顧客に直接体験してほしいと考えていました。 この自動車メーカーでは、Stratasys 3Dプリンティング技術と専門知識を活用して、デザインプロセスに顧客が参加できる、まったく新しい方法を作り上げました。


Download

Skorpion Engineering社では、Stratasys 3Dプリンティングを活用することで、頑丈なプロトタイプを24時間以内に製作できるようになり、自動車製作にかかる時間を全体的に短縮しました。

「エンドツーエンドの製造ワークフローの中で、3Dプリンティングによる時間の節約は、単なる改善や進歩ではなく変革の域に達しています。」

Skorpion Engineering社、Italo Moriggi氏