Close

SCEC

Smart Company Exhibition Center(SCEC)は、さまざまなモデルの製作、展示ホールや博物館のインテリアデザインを専門としています。 ソウルに拠点を置くSCECは、2005年の設立以来、手間と時間のかかる手順によって展示モデルを手作業で製作してきました。

2007年に急ぎの注文を受けた際には、締め切りに間に合わせるために同社の従業員が長時間働かなくてはなりませんでした。 このプロジェクトをきっかけに、SCECでは自社の製造モデルを見直してスピードアップを図るようになりました。 これを受けてSCECの企画管理部門は、2次元のスケッチ入力に基づいて3Dモデルを製作するパウダーベースの3Dプリンタを購入しました。しかし同社は間もなく、パウダーベースのモデルの精度と色の再現性が期待したほどではないことに気づきました。


Download

同社が3Dプリンティングによって製作したモデルを手にする、SCECの企画管理部門のリーダー、Yoon Chang-sik氏。

「PolyJetテクノロジーは、精度と色再現性に優れています。 以前は1つのジョブを完了するのに手作業で丸1日かかっていましたが、今は3~4時間しかかかりません。」

SCEC、Yoon Chang-sik氏