ネマーズ病院

Megan Lavelleさんはこの装置を見た瞬間、これが娘の人生を変えることになるだろうと確信しました。 Lavelleさんはエネルギッシュで行動力のある母親です。彼女の末娘Emmaは、先天性多発性関節拘縮症(AMC)を患っています。 Lavelleさんはフィラデルフィアで開かれたAMC患者の家族の会合で、ヒンジで連結された金属製のバーとチューブバンドで作られた補助装置、Wilmington Robotic Exoskeleton(WREX)のことを知りました。 この装置は、腕に発育不全のある子供が遊んだり、自分で食事を取ったり、ハグすることを可能にします。

AMCは、関節拘縮、筋肉の著しい発育不全を引き起こす非進行性の疾患です。 Emmaは、脚が耳のところで折り畳まれ、肩が内側に入った状態で生まれました。「Emmaは親指を動かすことしかできませんでした。」とLavelleさんは言います。 医師はすぐに手術を行い、Emmaの脚にギプスを付けました。 Emmaが自宅に帰ってきたとき、両親は最善の治療を行うという決意を固めていました。


Download
A custom 3D-printed version of the Wilmington Robotic Exoskeleton (WREX) empowers little Emma to use her arms despite arthrogryposis.

Emmaはこのオーダーメイドの整形外科装置を使って自分で食事を取ったり、塗り絵をしたり、ハグすることができます。

「誰かにとって少し特別な瞬間に立ち会うときには、心を動かされます。」

研究設計エンジニア、Whitney Sample氏