Close

BMW社

BMWにおけるダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング

FDM 3Dプロダクションシステムを活用し、治具や固定具を製作

ラピッド・プロトタイピング技術は製品開発現場での標準技術になっています。ドイツにあるBMW AG社のレーゲンスブルク工場では、FDM(熱溶解積層法)3Dプロダクションシステムは車両設計段階でのプロトタイピング工程において重要な要素であり続けています。さらにBMWは、FDM 3Dプロダクションシステムの応用範囲をダイレクト・デジタル・マニュファクチャリングなどプロトタイピング以外の分野や機能へと更に拡大しています。

詳しくはPDFをご覧ください。


ダウンロード
Jig for BMW case study

ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング法によって製作された工具。バンパーサポートを装着する際に使用。

cs suntory

事例:サントリーMONOZUKURI エキスパート株式会社

デジタルモールドを量産試作に活用。
試作の速さ・精度・品質の向上に成功。

デジタルモールドを量産試作に活用。PETボトル試作過程のスピード・精度・品質の向上に成功。

続きを読む
aso international dental

事例:株式会社 ASO インターナショナル

3D プリントでプロセスを効率化。
歯科矯正器具の品質と向上、事業拡大を達成。
 

続きを読む
3D printed FDM part
FDM(熱溶解積層法)テクノロジー

FDMによって、工業デザインや製造の方法が変わります。設計者はアイデアのスケッチとテストを同じ日に行うことができます。リードタイムやコストを抑え、製品の製造開始を早め、市場投入までの期間を短縮できます。

Stratasys Digital Factory Portal

オンデマンドAMパーツ造形サービス

本サービスは、弊社エキスパートに相談できるので安心してご利用いただけます。SDFPにユーザ登録をしてストラタシスの提供するパーツ造形サービスをご利用ください。なお、ユーザ登録の方法は詳細ページをご覧ください。 

SDFP詳細ページへ