Close

Biomedical Modeling社

医療従事者の教育と研修で重要な要素の1つは、正常な組織と病的な組織の両方について理解することです。 現実の世界ではすべての患者の組織が異なるため、外科医が人間の遺体、動物モデル、市販のマネキンを使用して行う練習は、実際に治療する患者とはほとんど関連性がありません。

既存のトレーニングモデルには大きな制約があります。 人間の遺体は提供される機会が限られているため、病変の範囲も限定され、研修の対象となる病変と一致することはほとんどありません。 さらに、生存時の組織の反応性は維持されません。 動物モデルでは手術の基本(切断、縫合、機器の装着または取り付けなど)を学ぶことはできますが、人体の組織は再現されません。 動物と遺体のトレーニングモデルは、いずれも高額な研修費用と制御環境を必要とします。 マネキンは、差異を作るのに高いコストがかかり、大量生産に使用されるツーリングにも制限があるため、その使用は正常な組織や一般的な組織の再現に限られます。3Dプリンティング技術が進歩したことによって、人体の組織のリアルなモデルの作成において、従来の医療用モデルの作成方法ほど時間とコストがかからなくなっています。


Download
The multi-material hand model incorporates soft tissue with hard bone in a single print.

複数材料を使用した手のモデル。軟組織と硬い骨が単一のプリントで一緒に作成されている。

「ストラタシスのJ750は、トレーニング用マネキンとして、正常な状態から異常な状態まで幅広い解剖模型を経済的に製造できます。本物のような色合いと組織のテクスチャーを再現でき、外科医は異常な状態の解剖模型や患者ごとの解剖模型を使って効率的なトレーニングができます。」

Biomedical Modeling社、Crispin Weinberg氏