Bell Helicopter社

Bell Helicopter社は、飛行機とヘリコプターの両方の特性を備え、従来の航空機では成し得なかった機能を持つハイブリッド航空機、重量物運搬用”ティルトローター型”オスプレイを製造しています。 この航空機は垂直に離陸、ホバリング、着陸できるだけでなく、高高度におけるジェット速度での飛行が可能です。

近頃この航空機のテール部の配線に対して実験的なアップグレードが行われた際に、同社のXworxにあるラピッドプロトタイピング研究室の技術者たちは、FDMシステムを使用して強靭なポリカーボネート製の配線ダクトを製作しました。 オスプレイの2つの垂直スタビライザーの内部にある6か所の接合部に分岐ダクトを設置して、配線の地上テストを実施したのです。


Download
Bell Helicopter’s Xworx prototyping lab used FDM to build functional models of communication-wiring conduit for the Osprey.

Bell Helicopter社のXworxプロトタイピング研究室は、FDMを使用して、オスプレイ用の通信配線ダクトの機能モデルを製作。

「効率的なプロセスによって、他のプロセスよりも多くの繰り返しに対応できるようになりました。 その結果、部品の設計が改善されています。」

Bell Helicopter社、Mike Storp氏