Close

専門家に問い合わせる

コストを削減し、効率を向上。

J750 Digital Anatomy 3Dプリンタを使用すれば、本物と同じような感触、動きの身体構造を作成できるため、造形モデル、動物、遺体ラボを使用する必要性が減ります。そのため、トレーニングと入手にかかるコストが削減されます。また、動物を対象にした外科処置や機器のテストが不要になるため、倫理面の改善にもつながります。
  • MakerBot Logo