Close

ラピッドプロトタイピング技術を使用した砂型鋳造用途

砂型鋳造用途にPolyJetテクノロジーを使用すると、コストの削減、製品開発期間の短縮、新しいデザイン開発の促進を実現できます。 PolyJetテクノロジーを使用するストラタシスの3Dプリンタシリーズを活用することにより、鋳造環境に高解像度のラピッドプロトタイピングソリューションを導入できます。 通常、砂型鋳造は、鉄、銅、アルミニウム、マグネシウム、およびニッケルの合金などの低温金属の加工に使用されます。 また、これ以外の方法の使用が現実的でない場合は、高温金属にも使用されます。 この処理で使用される砂は、粘土や化学粘結剤を使用して固められます。

通常、砂型鋳造は低温金属の加工に使用されます。 

ホワイトペーパーをダウンロード