ホワイトペーパー

Close

3Dプリンティングの教育向け利用における5つのベストプラクティス

ますます多くの大学が3Dプリンティングを利用することによって、学生の学習内容を改善しています。 3Dプリンティングをプロジェクトや研究に組み入れることによって、教員は、学生の批判的思考、現実世界での問題解決、コラボレーション、創造性およびイノベーションを後押ししています。 しかし、ただ単にプリンタを備え付けてスイッチを入れることではなく、このテクノロジーを実践することに意義があります。

ホワイトペーパーをダウンロードし、教員陣が3Dプリンティングを統合するために利用できる、以下の5つのベストプラクティスをご覧ください。

  • 3Dプリンタワークショップとの連携の取り方
  • 設計の最適化を反復的に教えることのメリット
  • 教員陣とワークショップスタッフ間のチームワークの重要性
  • ジョブに合致したツールの選び方
  • 作業を他機関と共有することのメリット

コヴェントリー大学での工業デザインカリキュラムには、Objet 3Dプリンタのような3Dプリンタを使用するものがあります。

ホワイトペーパーをダウンロード