Close

CAD/CAMを利用した歯科インプラントのワークフロー

歯科インプラント治療は近年増加傾向にあります。 患者も歯科医師も、異常のない歯への処置を必要とするマルチユニットブリッジではなく、より保守的な歯科治療プロトコルを好む傾向があります。 コーンビーム技術やCAD/CAMなどの新技術の登場により、インプラントを骨に埋入する手法の精度が向上しています。 埋入の精度が向上すると、歯の修復の成果や耐用性、患者の全体的な歯の健康も改善します。 このホワイトペーパーでは、歯科インプラントのワークフローにCAD/CAMを使用する利点を実証します。

Biomet/3i Encodeアバットメント。

ホワイトペーパーをダウンロード