Close

3Dプリンティングの利点

3Dプリンティングはもう未来の技術ではなく、歯科技工室では既に活用されています。 問題は、デジタルワークフローに「いつ」投資するかではありません。「何に」投資し、積層テクノロジーを既存のプロセスと「どのように」統合して、ビジネスの成長に活用するかを検討する必要があります。 このホワイトペーパーでは、以下について解説します。

  • お客様のラボの強みを明確にして、それを活用する方法
  • 現在と将来にわたってメリットを得るために、導入する必要があるテクノロジー

このような手術用補助器具をプリントして、患者への施術前に手術を練習することができます。

cs suntory

事例:サントリーMONOZUKURI エキスパート株式会社

デジタルモールドを量産試作に活用。
試作の速さ・精度・品質の向上に成功。

デジタルモールドを量産試作に活用。PETボトル試作過程のスピード・精度・品質の向上に成功。

続きを読む
aso international dental

事例:株式会社 ASO インターナショナル

3D プリントでプロセスを効率化。
歯科矯正器具の品質と向上、事業拡大を達成。
 

続きを読む
3D printed FDM part
FDM(熱溶解積層法)テクノロジー

FDMによって、工業デザインや製造の方法が変わります。設計者はアイデアのスケッチとテストを同じ日に行うことができます。リードタイムやコストを抑え、製品の製造開始を早め、市場投入までの期間を短縮できます。

Stratasys Digital Factory Portal

オンデマンドAMパーツ造形サービス

本サービスは、弊社エキスパートに相談できるので安心してご利用いただけます。SDFPにユーザ登録をしてストラタシスの提供するパーツ造形サービスをご利用ください。なお、ユーザ登録の方法は詳細ページをご覧ください。 

SDFP詳細ページへ