Close

ウーロンゴン大学

ウーロンゴン大学のインテリジェントポリマー研究所(IPRI)は、ARCのエレクトロマテリアルサイエンス中核研究センターの本部であり、オーストラリア国立製作所(ANFF)のマテリアル部門です。 IPRIは、ナノスケールマテリアルの機能改良と、エネルギーおよび医用生体工学を含む分野での応用促進に重点を置いています。

IPRIには、Stratasys 3Dプリンタ(Objet Connex、Objet Eden、およびuPrint 3Dプリンタ)で構成された3Dプリンティング装置とさまざまな特注システムが設置されていて、それぞれが異なるプロジェクトのパーツの造形に使用されます。 ANFFから資金援助を受けて、ANFFおよびIPRIの主任研究員であるStephen Beirne博士がその3Dプリンティング装置を構築しました。 「私たちにとって、3Dプリンティングは研究の新しい地平を開くもので、製作方法の簡素化とコストの削減が実現します。」とBeirne博士は述べています。


Download
Researchers at the University of Wollongong used FDM and PolyJet 3D printing technologies to build different parts of this watertight and airtight perfusion chamber in a microscope.

ウーロンゴン大学の研究者は、FDMおよびPolyJet 3Dプリンティング技術を使用して、顕微鏡内のこの防水気密かん流チャンバーの各種パーツを造形しました。

「時間短縮のために精度を犠牲にしたくはありません。 ストラタシスの3Dプリンタなら、両方が保証されます。」

ウーロンゴン大学インテリジェントポリマー研究所、Stephen Beirne博士