Close

マインツ大学病院

ヨハネスグーテンベルク大学マインツ大学病院(マインツ大学病院)は、心胸郭および血管の治療に関する医学的研究開発の先進的拠点として世界的に有名です。 心胸郭および血管外科の責任者のBernhard Dorweiler医師とそのチームでは、非常に複雑で命にかかわる血管症状の治療を、3Dプリンティングを活用して最適化しています。

3Dプリンティングは、患者治療のさまざまな側面に取り入れられていて、複雑な症状を適切に可視化して診断を迅速化するために、主に手術プラン作成に使用されています。 また、非常に正確で透明な3Dモデルは、患者の症状の理解や未来の血管外科医の研修にも使用されています。


Download

外科医たちは、非常に正確で透明な、3Dプリントされたモデルを使用して、患者の動脈用ステントの複雑なインプラントを練習しています。

「3Dプリントしたモデルがあると、すばやく問題の原因を把握し、どのような治療が最善かを判断できます。」

ヨハネスグーテンベルク大学マインツ大学病院、Bernhard Dorweiler医師