Unilever社

今日の世界市場は、消費者向けブランドにさまざまな課題をもたらしています。 何年も目に見える変化がなかった製品が、今は絶え間なく進化しています。 製品設計を継続的に発展させるには、その規模やプロセスによって時間とコストがかかる場合があります。 これを受けて消費財の国際的な大手企業であるUnilever社のイタリア部門では、3Dプリンティングへの投資を行って射出成形金型、ブロー成形金型、熱成形(真空)金型の製作に利用することで、従来のツーリングを必要とすることなく、プロトタイプと部品の開発にかかる期間を短縮しています。


Download
A 3D printed injection mold for a Domestos-brand toilet rim block

3Dプリントされた、Domestosブランドのトイレ用固形洗浄剤用の射出成形金型。

「デジタルABSを使用して3Dプリンティングで製作された射出成形金型は、従来の方法で製造されたプロトタイプに匹敵する高品質を達成できるだけでなく、射出成形プロセスの高温と高圧にも耐えることができます。」

Unilever社の研究開発/CAP/プロトタイピングの専門家、Stefano Cademartiri氏