Close

セントラルフロリダ大学

医療的応用を通じて人の生活を変革する3Dプリンティングの能力が、また大きく進歩しました。 フロリダ州グローブランドに住む6歳のAlex Pring君は、生まれつき右前腕がありませんでした。

従来の治療法だと40,000ドルかかり、Alex君の成長に合わせて治療を行っていくのは困難であったため、母親のAlyson Pringさんは、インターネットで救済策を探しました。 非営利医療団体や手製の義手といったオンラインで見つけた選択肢を検討した後、3Dプリンティングを利用して子どもたちに義手を提供している「Enabling the Future Network」を見つけました。


Download
Six-year-old Alex Pring tries out his new 3D printed arm, created in part by a Dimension 3D Printer.

3Dプリントされた新しい腕を試している6歳のAlex君。義手の一部は、Dimension 3Dによって成形されました。

「家族の願いをかなえ、子供たちが夢を追いかけるためのツールを開発する機会が得られるなんて、とても素晴らしいことです。」

セントラルフロリダ大学、機械工学科博士課程、Albert Manero氏