Close

ニューヨーク州立大学ニューパルツ校

ハドソンバレー積層造形センター(HVAMC)は、Stratasys-MakerBot積層研究教育(SMART)ラボを通じて、ニューヨーク州立大学ニューパルツ校の学生の教育に価値を提供しています。 HVMACは、2016年にSMARTラボに指定され、3Dプリンティングの実践的な経験を学生に提供することに貢献しています。 優れたリソースと利用しやすさから、このラボはキャンパスに欠かせない存在となり、大学のほぼすべての分野に組み込まれています。 ラボの開設に合わせて、「デジタルデザインと製作」という新しい科目も導入されました。 この科目では、コンピューターソフトウェアを使用して、3Dプリンティングにデータを取り込む方法を学生に指導します。 この科目は導入されてからまだ1年ですが、60名を上回る学生と大学院生が登録し、満席になっています。 この科目は、21世紀の製造に必要なコンセプト化とデザイン製作の方法を学生に身に付けてもらうことを意図しています。


Download
Students learn the skills they need that businesses look for and bene t from.

学生たちは、企業が必要とするスキルや企業に恩恵となるスキルを学んでいます。

「職場で求められるものは何かを理解して、成功に必要なスキルを身に付けられるのは、学生たちにとって素晴らしいことです。」

ハドソンバレー積層造形センター、Kat Wilson氏