Close

SSL社

金属につきものの重量の問題を避けつつ高い強度を実現することが求められる数多くの工業分野では、過去30年以上の間に、複合材料が有効であることが次第に明らかになってきました。 複合材料業界は長年にわたり材料科学と製造方法を大きく進展させてきましたが、複雑な複合材料部品の製造は今も、特定の知識や専門技術を必要とする、時間のかかる困難なタスクです。 高温コンポジットツーリングの従来の製造方法には、CNCマシンを使用する高コストで時間のかかるプロセスが必要です。 機械加工は繰り返しが可能で信頼性の高い製造方法ですが、オペレータによる操作が必要であり、プロセスにサブトラクティブな(除去を伴う)性質があるため、高コストでリードタイムが長く、材料の無駄も多くなります。 ストラタシスのFDMテクノロジーは、これらのすべての弱点に対処できます。


ダウンロード(英語)
A 3D printed lay-up tool capable of high-temperature and high-pressure autoclave cure cycles.

高温および高圧のオートクレーブ硬化サイクルを利用可能な、3Dプリントされたレイアップツール。

「ストラタシスの積層コンポジットツーリングソリューションにより、SSL社は、前例のない早さで設計のリリースや変更に対応できるようになっています。しかも、部品の品質やパフォーマンスを損なうことなく、大幅なコスト削減も実現しています。」

SSL社、Composites Center of Excellenceテクノロジーマネージャー、Jude Zils氏