Close

シンガポール工科デザイン大学

シンガポール工科デザイン大学(SUTD)は2012年に設立された新しい大学であり、実践的な学習と技術を基盤としたデザインを通じて技術的な素養を身に付けた指導者を育成することを独自の使命としています。

SUTDのデジタル製造・設計センター(DManD)の研究者はデジタル設計と高度な製造の統合に特に力を入れており、計算科学と工学、産業工学、技術集約型の設計、建築、芸術を融合する新しいアイデアや方法を生み出しています。


Download

3Dプリンティングによって作り出されたテーブルは、構造的な負荷に耐えることができ、機械的な固定具を必要としない、機能性と美しさを兼ね備えた組成物となっています。

「GrabCAD Voxel Printには、従来の製品開発を変革する可能性があります。 私たちは、さまざまな質問に答え、この革新的な技術を活用するために、設計の統合と自動化のための新しいパラダイムを作り上げています。」

シンガポール工科デザイン大学、デジタル製造・設計センター研究部門准学部長、Martin Dunn氏