Close

リコーインダストリー株式会社

プリンタや複合機をはじめとしたオフィス機器や光学機器、産業機器などを手掛けるリコーは、早くから3Dプリンタの持つ力に注目し迅速な試作開発(ラピッドプロトタイピング)に活用してきた企業だ。最近では試作だけにとどまらず、ものづくりの生産プロセスそのものにおいても3Dプリンタを活用しようと、積極的に取り組んでいる。

リコーグループで製品の生産を請け負うリコーインダストリー株式会社、その中で大型のプロダクション・プリンタと呼ばれる製品を製造しているリコーインダストリー東北事業所では、ストラタシスの3DプリンタFortus 400mcとFortus 900mc で治具を作成したことをきっかけとして、生産ラインの大改革につなげている。生産効率の改善やコストの削減に、Fortusシリーズがどのように貢献したかを尋ねた。

詳しくはPDFをご覧ください。


ダウンロード
The Ricoh factory  floor.

工場の生産現場

「当社では、研究開発のための先進的なプロトタイピングから製造ツールへと移行し、最終的にはプリンタ自体の生産に移行しました。3Dプリンティングの3つの用途を当社の事業に取り込めたことを嬉しく思っています。」

リコー社、坂木泰三氏