Close

クイーンエリザベス病院

英国バーミンガムにあるクイーンエリザベス病院の顎顔面外科病棟のがん患者は、腫瘍または骨片を除去する外科手術がしばしば必要になります。 さらに、除去した後の空間は、別の骨やマテリアルで置き換えるか穴埋めする必要があります。 これらの病気では補綴用プレートまたは骨置換が一般的によく使用されますが、それらを患部に正確に適合させるには、患者が手術台に横たわった状態で、外科医が何度も置き換えて試す必要があります。

手術が成功するかどうかは、処置が効率的に完了すること、外科医たちが事前に十分な指示を受けて準備が整っていること、手術中または手術後の問題を避けるために患者固有のリスクを理解していることなど、複数の要素によって決まります。 クイーンエリザベス病院にとっての課題は、時間とコストの両面で効果的で、しかも患者の命を救うことができる、患者に適した手術を準備することでした。


Download
Prosthetist Stefan Edmondson and the Stratasys Objet Eden 350 3D Printer.

補綴外科医のStefan Edmondson医師とStratasys Objet Eden 350 3Dプリンタ。

「Stratasys 3Dプリンタを使って、本物そっくりの医療用モデルをインハウスで作成することができるので、手術ごとのOR時間が3時間から4時間短縮されます。時間あたり£5,000のコストを削減でき、大きな節約につながります。」

クイーンエリザベス病院、Stefan Edmondson氏