Quality Electrodynamics社

医療用画像は登場した当時から重視され、広く浸透しており、このテクノロジーなしで現代の医療を考えることは困難です。 特に磁気共鳴画像法(MRI)はX線、超音波、CTスキャンでは見えない組織を観察できる一方で、他の多くのスキャン法に伴う有害な放射線被爆を避けることができます。 このプロセスでは、磁場と電波を使用して人体の画像を作成することによって、身体の軟組織と骨の詳細な画像が生成されます。 藤田浩之博士は、物理学、工学、数学、化学、生物学、医学の合流点に存在するこのテクノロジーに関心を持ち、2006年、機器メーカー向けのMRIラジオ周波数(RF)コイル技術の設計と製造を主な事業とするQuality Electrodynamics社(QED)を創業しました。


Download
A knee coil assembly  xture used in coil assembly and test.

膝用コイルの組み立てとテストに使用される、コイル組み立て用固定具。

「ここに並んだ3Dプリンタは、デザインの確認と初期プロトタイプのテストを行って、次のステップに進むのに必要なデザインを得るのに大いに役立ちます。 3Dプリンティングがなければ、4回のデザイン変更を繰り返すのに数か月かかることでしょう。 機械加工では3週間も必要だったパーツが、今では3日間で完成します。」

Quality Electrodynamics, LLC社、Paul Taylor氏