Close

プリンス・オブ・ウェールズ病院

Kwok-sui Leung教授は、香港中文大学(CUHK)医学部の整形災害外科を、学術的臨床部門としての従来の役割を越える域にまで拡大しています。 プリンス・オブ・ウェールズ病院の診療科において、Leung教授は手術の成功率と精度を改善し、患者の信頼を高めると同時に、新しい革新的な手術法を模索しています。 その手段として使用されているのが 3Dプリンティングです。3Dプリンティングは、整形外科手術の準備段階で使用する骨のモデルやサージカルガイドの製作に導入されています。


Download
Professor Kwok-sui Leung uses CT scans of patients as the blueprint to 3D print models of their bones.

患者のCTスキャンを基に骨のモデルを3DプリントするKwok-sui Leung教授。

「3Dプリンティングを使用すると、詳細な評価と手術前のリハーサルを行うことができます。 患者の骨の曲線に正確に適合するインプラントを作成できます。」

香港中文大学、整形外科および外傷学部、Kwok-sui Leung教授