Orange County Choppers社

Orange County Choppers社(OCC)は、ニューヨーク州オレンジ郡でカスタムバイクと市販量産用のバイクを製造しています。 Paul Teutul Sr.氏によって設立されたOCC社は、ディスカバリーチャンネルのドキュメンタリー番組『アメリカンチョッパー』で取り上げられた会社です。この番組では最近、父親と息子が、どちらが最高のカスタムバイクを作るかを競い合う様子を紹介しています。 OCC社は、2001年9月11日に亡くなったニューヨークの消防士を追悼し、ワールドトレードセンターのスチール製リベットを使用して作られたファイヤーバイクなど、テーマに沿ったバイクを製作することで有名です。

カスタムバイクは、その性質上、デザインのテーマを実現させるために多くの複雑な部品を必要とします。 部品のほとんどは、一点物のバイク用に1ロット分のみ製造されます。 以前、OCC社は主にアルミニウムビレットや高密度フォームを使用してこうした部品を機械加工していました。 この方法ではコンピューター数値制御(CNC)プログラムを作成し、部品を保持するための固定具を製造し、部品を機械加工(複数の機械を使用することが多い)しなければならないため、かなりの時間がかかっていました。 労力がかかるためにリードタイムとコストの両方が増加し、部品の重量が大きくなることもありました。


Download
Rendering of dragon chopper as presented to client

顧客に提示されたドラゴンチョッパーの完成予想図。

「非常に複雑なデザインを現実化する積層造形の能力には、いつも驚かされます。」

Orange County Choppers社、Jason Pohl氏