ニクラウス小児病院

マイアミにあるニクラウス小児病院の小児心臓血管外科で、Redmond Burke医師は小さな心臓を治すために持てる知力と手技を注ぎ込んでいます。 Burke医師は、他に頼る場所がない子供たちのために、非常に困難な手術を行っています。 重要な臓器を修復するという、複雑でありながら指先の繊細な感覚も必要な作業のために、彼は3Dプリンティングという新しい味方の助けを借りています。

患者に珍しい欠陥がある場合、Burke医師は、その子供の症状と体の構造に基づいて処置を準備する必要があります。 Mia Gonzalezちゃんの場合は、重複大動脈弓を解決する必要がありました。この奇形は、完全血管輪が気管または食道の周囲に巻き付いているもので、空気の流れが制限され、咳や頻繁な呼吸器感染の原因になります。 ニクラウス小児病院に来る前、Miaちゃんは生まれてから4歳まで入退院を繰り返し、喘息と誤診されて呼吸や嚥下に苦労していました。


Download
Mia’s surgeon used a 3D model of her heart to reveal the best method of repair for her double aortic arch — a defect that restricted her breathing.

Miaちゃんを担当した外科医は、彼女の心臓の3Dモデルを使用して、彼女の呼吸を阻害する重複大動脈弓という欠陥を治療する最適な方法を見つけました。

「手術を開始する前に、チームで手術の可視化を行いました。 最も安全なアプローチを確認することによって、小さな切開も確実に行うことができました。」

ニクラウス小児病院、Redmond Burke医師