Close

NASA

アリゾナの砂漠を1台の白い車両が機敏に動き回ります。強風が吹き、太陽が照り付け、極端な寒暖差がある過酷な地形を巧みに進みます。 NASAの宇宙飛行士と技術者が、火星の厳しい条件に似た環境の中、岩と砂が作る起伏のある大地で惑星探査用ローバーの試験走行を行っています。

これはDesert RATS(砂漠研究技術調査)の試験として実施されています。このローバーは、自動車のハマー程度の大きさがあり、宇宙空間で宇宙飛行士を支援する与圧室を装備しています。 最終的には、NASAの壮大な目標の1つ、有人火星探査で活躍することを目指しています。 近い将来、地球周辺にある小惑星の有人探査でも、似たような車両を使用する可能性があります。


Download
This rover, which has a pressurized cabin to support astronauts, includes about 70 FDM parts, including housings, vents and  fixtures.

宇宙飛行士を支援する与圧室を備えたこのローバーには、ハウジング、ベント、固定具など約70個のFDMパーツが含まれています。

「できるだけ軽量化することが常に必要ですが、同時に十分な強度も必要です。」

NASA試験技術者、Chris Chapman氏