Close

Jacobs Institute

新しい医療機器のプロトタイピングや新人医師の研修では3Dプリンティングが非常に有益ですが、その真の変革力が明らかになるのは、患者の生命が危険に晒されたときです。 Kaleida HealthのGates Vascular Institute(GVI)、ニューヨーク州立大学バッファロー校、およびニューヨーク州バッファローのJacobs Instituteの協力によって、Teresa Flintさんは人生で2回目のチャンスを与えられました。 49歳で3人の子供の母親であるFlintさんは、長い間、原因不明の視力低下に悩まされていました。GVIに紹介されたFlintさんは、そこで原因が脳動脈瘤にあり、命に関わる状態だという診断を受けました。


Download
eresa Flint holds a 3D printed model of her cerebral aneurysm.

3Dプリントされた自身の脳動脈瘤のモデルを持つ、Teresa Flintさん。

「ストラタシスの3Dモデルを使用することで、潜在的な課題を事前に把握して、Teresaさんの動脈瘤をより適切に処置する方法を考え出すことができました。」

Adnan Siddiqui医師