Close

ドイツ航空宇宙センター

神秘的な赤い惑星、火星は人類にとって常に魅力的です。 40機以上の探査機が既に火星に送り込まれていますが、地球の隣にあるこの惑星に生命が存在するのだろうかという謎はまだ解明されていません。 火星への無人飛行は、主要な宇宙機関の長年の目標です。 特に、NASAとその宇宙往復船Orion、欧州宇宙機関(ESA)のオーロラ計画、ロシアの宇宙機関であるRoskosmos社をはじめとして、インドや中国もこの優秀な代表団の一員です。

ドイツ航空宇宙センターでも、火星探査は重要なトピックです。 ドイツ航空宇宙センターは、ドイツ政府の代表として同国の宇宙計画の中で活動しており、研究とESAへの貢献の責任を負うと同時に長期的な研究目標の推進を担っています。


Download
TransRoPorter Prototype with FDM 3D printed components.

FDM 3Dプリントされたコンポーネントを使用するTransRoPorterのプロトタイプ。

「TransRoPorterプロトタイプを3Dプリントすることに決定しました。そのおかげで、コストと期間を最低限に抑えた、洗練されたソリューションが実現しました。 プロジェクトに関わった全員が、この結果に満足しています。」

System Building Technology South社 リーダー Kaj Fuehrer博士