Close

FATHOM

初期の3Dプリンティングでは、高速な処理とコスト効果の高いパーツが特徴のラピッドプロトタイピングが主流でした。 現在の3Dプリンティングは、最終パーツのカスタマイズが生産の中心となるレベルにまで進化しており、パーツ数量を必要に応じて調整できるため、無在庫も実現できます。 カリフォルニア州オークランドに拠点のある最新型製造施設FATHOMは、2008年の開設以来、3Dプリンティングを活用し続けており、積層テクノロジーには製造サプライチェーンを崩壊させるほどの無限の可能性があることを認識しています。


Download
FATHOM, an advanced manufacturing facility, has utilized 3D printing since its inception

最新型製造施設FATHOMは、その開設以来、3Dプリンティングを活用しています。

「この新しいDemonstratorによって、当社の生産センターを3Dプリンティングサーバーファームにするという未来が見えてきました。ストラタシスのContinuous Build 3D Demonstratorが何列も並ぶセンターです。 そんなことを考えられるのも、設計とコストの点でFDMテクノロジーがそれだけ優れているからです。」

FATHOM社、Rich Stump氏