活用事例

Close

EPSI社

自動車業界、オフロード機器業界、および防衛産業で使用される、農業用車両や軍用車両のシャシーおよびアンダーボディーなどの数多くのコンポーネントをはじめ、家電製品、電気ボックス、製造装置、掘削装置は、腐食などの環境的危険要因から保護するためにコーティング処理されます。 こうしたコーティング処理の際、正確な適合性や機能を損なわないようにするために、ネジ付きスタッドや溶接ナットなど複雑な形状をした部分も被覆やシールつまり「マスキング」する必要がありますが、これは簡単な作業ではありません。

ウィスコンシン州に拠点を置くEngineered Products and Services社(EPSI社)は、マスキングソリューションの設計と製造に関するトップ企業で、コーティング中に被覆する必要がある任意の形状にフィットするよう成形されたカスタムラバーマスクを生産しています。 かなりの時間と労力を要するテーピングなどの従来の方法と異なり、EPSI社のカスタムラバーマスクは、パーツの損傷やコーティング溶液の汚染を避けながら、複雑な形状を保護できます。


Download
Production molded parts attached to a steel part

鋼製パーツに取り付けられた生産用成形パーツ。

「お客様からのお問い合わせ後すぐにサンプルをプリントできるので、ラバーマスキングを使用するとかなりの時間を節約できることを多くのお客様に示すことができます。」

EPSI社、Chad Cushman氏