活用事例

Close

Dixon社

ホース継手業界におけるDixon Valve社のポジションを考えると、「Right Connection(正しい接続)」は同社を表すのにぴったりなフレーズだと言えます。 Dixon社は、同社が3Dプリンティングの使用についても同等の評価を受けることになるとは想定していなかったかもしれません。 数年前Dixon社は、自動化された製造装置の稼働に対応するために、先進製造エンジニアリング部門を設立しました。 「3Dプリンティングを使用してガントリーシステムの機能プロトタイプを迅速に開発することによって、効率を向上できると考えました。」工業エンジニアのRodney Everett, Jr.氏は言います。 チームは3Dプリンティングを推奨しており、それ以外は過去のものだと言います。 積層プロセスでは、ツーリングにとって重要なカスタム製造補助具をプリンティングで製作できます。このことは同社の製造プロセスの重要な要素となっており、100年の歴史を持つ同社の他のエンジニアたちも3Dプリンティングによる製造の将来性を認めています。


Download
Dixon gaskets are inserted into these  fittings using a SCARA robot and 3D printed grippers.

Dixon社のガスケットは、SCARAロボットと3Dプリントされたグリッパーを使用して継手に挿入されます。

「3Dプリンティングで実現できることを数え始めると、きりがありません。 当社は将来的に、できるだけ多くの生産設備に3Dプリンティングを導入する計画です。 ストラタシスの装置とマテリアルは強度と表面仕上げのバランスが特徴的です。」

Dixon Valve & Coupling社、Rodney Everett, Jr.氏