活用事例

Close

Cardiovascular Systems社

Cardiovascular Systems社はミネソタ州セントポールに本社を構える医療機器企業であり、主に末梢動脈疾患(PAD)および冠動脈疾患(CAD)治療の革新的なソリューションを開発および販売しています。 同社のOrbital Atherectomy Systemは、脚から心臓までの動脈血管の石灰化プラークを数分の治療時間で処理します。また、従来の外科的治療や、カテーテル、薬物による治療が抱えていた制限事項の多くが解消されます。 CADおよびPADに立ち向かうため、同社はたゆまずに機器を進歩させ、新しい革新的な技術を開発し続けています。 その取り組みにおいて、3Dプリンティングが幅広い用途で活用されています。


Download
Peripheral model 3D printed using PolyJet technology utilizing three different materials.

3種類の材料を使ってPolyJetテクノロジーで3Dプリントした、末梢部のモデル。

「血管造影画像を撮影し、3Dモデリングを使用して、さまざまな冠状血管の複雑な構造を再現します。さらに、本物そっくりなモデルを3Dプリントして、異なる状況のストレステストを実施し、器具の改良点を確認します。」

Cardiovascular Systems社、Nick Ellering氏