Close

BMW社

BMWにおけるダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング

FDM 3Dプロダクションシステムを活用し、治具や固定具を製作

ラピッド・プロトタイピング技術は製品開発現場での標準技術になっています。ドイツにあるBMW AG社のレーゲンスブルク工場では、FDM(熱溶解積層法)3Dプロダクションシステムは車両設計段階でのプロトタイピング工程において重要な要素であり続けています。さらにBMWは、FDM 3Dプロダクションシステムの応用範囲をダイレクト・デジタル・マニュファクチャリングなどプロトタイピング以外の分野や機能へと更に拡大しています。

詳しくはPDFをご覧ください。


ダウンロード
Jig for BMW case study

ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング法によって製作された工具。バンパーサポートを装着する際に使用。

Bell Helicopter

航空宇宙

3Dプリントした製造ツールと認証済み材料でアイデアを素早く実現。

詳細を見る

自動車

機能プロトタイプ。 本走行用部品。 より効果的なツール。 これらすべてを3Dプリント。

詳細を見る
A young girl, holding a 3D printed medical model of her own heart that was used for Surgical planning

医療

患者固有の身体構造モデルを3Dプリント。プロセスを改善し、患者により大きな成果を。

詳細を見る