活用事例

Close

Bajaj Electricals社

Bajaj Electricals(Bajaj社)は、電球、管形電球、ファンを含む多様な照明機器、その他の家電製品、耐久消費財を供給する消費者向け電気機器メーカーです。 ムンバイに拠点を置く同社は、送電鉄塔の開発、ダイカスト、風力エネルギー、太陽エネルギーへの投資などの特殊なエンジニアリングプロジェクトにも取り組んでいます。

消費者からの需要の高まりと市場競争の激化に伴い、Bajaj社は設計を革新し、潜在的な購入者や投資家の注目を集める必要に迫られていました。 Bajaj社の最優先課題は、製品開発サイクルを短縮して新製品を早期に投入し、市場の潜在性を最大限に高めることでした。 同社は設計プロセスに3Dプリンティングを導入することによってこの課題に取り組みました。その結果、コンセプトを製品化して販売するまでの開発期間を1年半から7か月に短縮することに短期間で成功しています。


Download
Bajaj designers created this ceiling light housing prototype using FDM technology and ABS thermoplastics.

Bajaj社の設計者がFDMテクノロジーとABS熱可塑樹脂を使用して作成した、天井灯ハウジングのプロトタイプ。

「FDMテクノロジーとABS熱可塑性樹脂は、当社にとって素晴らしい組み合わせです。 この組み合わせによって効率的なソリューションを実現し、その結果、設計を最適化し、マーケットに投入するまでの時間を10%から15%短縮することができます。」

Bajaj Electricals社、Vinayak Raje氏