Close

Ambionics社

Sol Ryanは、生まれたその日に左腕の下半分の切断手術を受けました。 現行の国民健康保険指針の下では、Solは非機能的な装飾用の義手を装着するのに1年、機能的な筋電性の義手については3年以上待たなければなりません。 幼児の発達に関する研究では、子供が2歳を超えるとプロテーゼ(人工器官)を装着された場合に拒絶する可能性が高くなることがわかっています。 より早期に機能的なプロテーゼを装着すれば、子供が大人になるまでそれを使用し続ける可能性が高まります。

Solが切断手術を受けてから数か月後、彼の父親のBen Ryanさんは、このプロセスを促進する新しいプロテーゼを製作する方法を調査し始め、その後間もなく、Ambionics社(Additive Manufactured Bionics社)を設立しました。 1年後、息子のSolは、3Dプリンティングで製作された完全な機能を持つ義手を使えるようになっていました。


Download
With DAHB technology, Sol is able to manually operate his prosthetic arm or get assistive power from a motorized pump.

DAHBテクノロジーにより、Solは手動で、または電動ポンプからの補助動力で、義手を動かすことができます。

「Ambionicsを創業するにあたって目標としたのは、私の息子のように手足の不自由な子供たちが、従来の義手や義足の製造が抱えている制限や遅さに妨げられないようにすることです。 3Dプリンティングによって、きわめて短い時間でコスト効率良く設計とプリントができるようになりました。」

Ambionics社、Ben Ryan氏