Close

ラピッドプロトタイピングとは?

3Dプリンティングによるラピッドプロトタイピングは、優れたアイデアからヒット商品を造りだすための、素早く簡単で且つコスト効率の高い方法です。最新のアイデアを検証するためのコンセプトモデリングが必要ですか?コストが嵩む生産ツール製作に取り掛かる前に、機能プロトタイピングによる機能試験を行ってはいかがですか?ストラタシスのラピッドプロトタイピング・ソリューションは、クリエイション、様々な検証および改良に、さらに想像を超えた柔軟性を提供することで、これまでにない迅速さで製品の市場投入を可能にします。

3Dプリンティングによるラピッドプロトタイプが世界のビジネスシーンをどのように変えていくのか?
詳しくは動画をご覧ください。

「ツールの切削プロセスを削減する毎に8~12週間の短縮ができます。」

Polaris Industries社 Randy Larson氏

マテリアル&製品についての関連情報

F123シリーズ 3Dプリンタ

F123シリーズ 3Dプリンタは、コンセプトおよびデザイン検証、機能性の実証まで、プロトタイピングの全段階をオフィス環境でより簡単且つ迅速に行うためのソリューションです。よりスマートにプロトタイピングを行う方法をご覧ください。

J750 3Dプリンタ

プロトタイプとコンセプトモデルに実製品のような外観と実用性が求められる場合には、Stratasys J750 3Dプリンタが最適なソリューションです。広範なマテリアルラインナップと50万色以上のカラー再現性により、最高水準のリアルなモデルやプロトタイプを作製します。

FDMおよびPolyJetマテリアル

機能プロトタイプ向けの耐久性の高い生産グレードの熱可塑性物質が必要ですか?実製品のようなリアルなコンセプトモデルをご希望ですか?どちらも実現できます。あらゆるニーズに対応できる、広範囲なFDMとPolyJetのマテリアルラインナップをご覧ください。

ユーザ活用事例:

スマート・プロトタイピング

Stratasys F123 3Dプリンタは、高い効率性と生産性でラピッドプロトタイピングを実行できるように設計されています。

詳細を見る

早く失敗することで成功する

最先端のデザインを担うデザインオフィスのエンジニアたちは、ラピッドプロトタイピングに製作において3D プリンティングを活用しています。

詳細を見る
two people sitting at a desk an working

製品リアリズムを追及

Synergy社がJ750を活用することで、どのように時間とコストを削減しつつリアルなプロトタイプを作製しているのか?

ラピッドプロトタイピング について、 エキスパート へのお問い合わせをご希望の方はこちら。

お問い合せ