Close

FDMテクノロジーとは

FDMテクノロジーでは、専用の3Dプリンタと最終製品グレードの熱可塑性プラスチックを用いて、強靭で耐久性と寸法安定性に優れた、3Dプリンティング技術の中でも最高レベルの精度と再現性を備えた部品を造形できます。

ストラタシスの創設者であるScott Crumpが20年以上前にFDMテクノロジーを発明して以来、ストラタシスは3Dプリンティングの革命をリードし続けています。

FDMの特長:

  • クリーンで使いやすく、オフィス向き
  • 使用される最終製品グレードの熱可塑性プラスチックは物理的または環境的に安定している
  • 問題を引き起こしがちな複雑な形状や空洞も、FDMテクノロジーなら実用可能
FDMプリンタ、材料、およびサービス

FDM式3Dプリンタ

FDMテクノロジー式3Dプリンタは、熱可塑性プラスチックのフィラメントを溶かして押し出すことにより、下から上へと一層ごとに部品を造形します。

すべてのFDM式3Dプリンタを見る

FDM用材料

FDMテクノロジーでは、従来の製造過程で試行錯誤を重ねてきた熱可塑性プラスチックと同様のものを使用します。厳格な許容誤差、頑丈さおよび環境安定性が要求される用途や、静電気散逸性、半透明性、生体適合性、VO難燃性、FST基準などの特殊な物性が必要となる用途には、FDM熱可塑性プラスチックが最適です。

すべてのFDM用材料を表示

FDMオンデマンド

ストラタシスの3D造形サービス[「DFPサービス」で、イノベーションを推進しましょう。

詳細を見る

FDMテクノロジーを使用した製造

FDMについて詳しく見る

FDM Systems 3D Printers

最終生産グレードの強み

FDM 式3Dプリンタのサイズ、用途、対応材料などの比較をご確認ください。

詳細はこちら
Airbus

認定部品までの道のり

ストラテジストは、航空業界のパートナーと協力して、生産部品の認定をいかに取得したかをご紹介します。

Stratasysは、最初のポリマー積層造形マテリアルを基準に適合させるため、航空宇宙産業のパートナーと連携しました。これにより認定生産パーツへのパスが効率化されました。

続きを読む
Ancillary Tool

補助工具用FDM

迅速な生産と容易なカスタマイズによって、従来のツールよりも低コストを実現します。

穴開け、トリミング、接着などコンポジット・パーツの後処理で使用されるツールに最適なFDMテクノロジーを選択する方法についてご覧ください。高速生産と簡単なカスタマイズにより、従来のツール作成よりコストが低減。

続きを読む

FDM用材料の耐薬品性

多様な化学物質に対するストラタシス製FDM用材料の一般的なパフォーマンスについてご紹介します。

詳細はこちら
the Robotic Arm Demonstrator creating a 3D print

チーム「Pensuke」がNASCARおよびINDYCARレースで競争力を発揮

チーム「PENSKE」とストラタシスは、3Dプリンティングを駆使したNASCARおよびINDYCARレースにおいて、エンジニアリングおよび製造に関して数年にわたるリレーションを続けています。

詳細はこちら

材料に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ