F123 シリーズは、オフィス全体で利用可能な究極のオールインワン ラピッドプロトタイピングシステムです。パワフルなFDMテクノロジーと、使いやすい GrabCAD Print を融合し、多機能かつインテリジェントなソリューションを実現。

100,000時間

ストラタシスF123シリーズの信頼性テストに費やした時間

デザイン会社CAD (CENTER FOR ADVANCED DESIGN) は複雑なサーフェイス形状のデザインにストラタシスF123シリーズを活用しています。ビデオをご覧ください。

「3D プリントによるプロトタイプを活用することで、早期に問題点を発見することができます。複数バージョンのデザインを素早く作製し、顧客の納期に間に合うよう、プロダクトデザインを一夜で変更することができます。造形は正確でプロセスも信頼できます」

Center for Advanced Design社、ジェシー・ハン氏

F123シリーズでラピッドプロトタイピング

3d printed helmet mouth piece

コンセプト検証

PLAを高速ドラフトモードで使用することで、迅速かつ低価格で、コンセプトモデルを複数バージョン作製することにより、プロ品質で圧倒的な効率化が可能になります。

a 3d printed camera lens

コンセプトデザイン

F123シリーズによって、複雑なデザインの形状、フィット、外観をかつてないほどの精密性および再現性で造形が可能です。

3d printed parts

機能的パフォーマンス

ABS、ASA、PC-ABSの堅牢な熱可塑性プラスチックを使用して、プロトタイプを実際の使用を想定した機能性パフォーマンステストを実施することが可能です。

F123シリーズの詳細

オフィス全体で利用可能な究極のオールインワン・ラピッドプロトタイピングシステム

詳細を見る

スマートプロトタイピング

ストラタシスF123シリーズ 3Dプリンタで、ラピッドプロトタイピングをより簡単かつ効率的に

ホワイトペーパーを入手

複雑なデザインを、素早くカタチに

スピーディにアイデアを洗練させるデザイン会社の3Dプリント

ケーススタディを読む
a 3d printed robot

最新のウェビナーにご参加ください

コンセプト検証から設計検証、機能性テストまで、シームレスなプロトタイピングサイクルを実現

ウェビナーに参加(英語のみ)
  • MakerBot