Close

GrabCAD SDKs

MTConnect
MTConnectは、プリンタやその他の製造装置からデータや情報を抽出する製造データ通信プロトコルです。さまざまな製造装置が共通言語で情報を提供し合うためのスタンダードを提供することでこれを可能にし、製造操作の評価と最適化に使用できます。データを活用する方法例には、生産指標、エネルギー使用量、設備効率の評価が含まれます。

ストラタシスのF900およびFortus 450mcプリンタをお持ちのお客様は、3Dプリンティングの生産性と効率性を向上させるために、MES、BI(ビジネスインテリジェンス)、ERP(エンタープライズリソースプランニング)システムのための既存のサードパーティ製アプリケーションとマシンを接続することが可能になります。

Connectivity SDK
Connectivity SDKを使用すると、Stratasys Fortus、F900およびF123シリーズプリンタとの通信が可能になります。サードパーティ製のMESおよびERPソフトウェア・アプリケーションは、SDKを使用して造形ジョブのスケジューリングや造形状態のモニタリングを行うことができます。MTConnectと組み合わせて使用すると、2つのSDKは、工場内のフロアでストラタシス製機器を制御し、低周波と高周波の両方のシステムデータを収集できるようにする、全体的な双方向型通信パスを提供します。
PLM SDK
当社のPLM SDKを使用することで、PLMアプリケーションからのパーツオーダーを直接GrabCAD Printソフトウェアに接続することができます。造形ジョブファイル (CMB/.PRINT) とジョブビルドパラメータ(プリンタの種類、材料、解像度、インフィルパターンなど)を造形時間や材料の使用量の見積もりとともに読み込みます。
活用事例

GrabCAD Shopを使用して、学校での3Dプリンティング作業を効率化。

GrabCAD Shopによって、STEMの指導者は3Dプリンティングに関するさまざまな依頼に対応し、生徒は将来的に取り組む積層造形について準備ができます。その詳細をご覧ください。

ダウンロード
製品カタログ

GrabCAD Print:優れた機能

GrabCAD Printが、高品質な3D造形を迅速に実現します。PolyJetとFDMの機能について、詳細をご確認ください。

ダウンロード