ラピッドプロトタイピング

より優れた製品をより迅速に作製

ラピッドプロトタイピングは、製品開発サイクルの短縮に欠かせません。3Dプリンティングを利用すれば、かつてないほど迅速に素晴らしいアイデアをカタチに変えることができます。CADデータから直接、プロトタイプを3Dプリントすることで、実世界のテストとフィードバックを経て、迅速で頻繁な修正が可能となります。

反復デザイン

何をデザインする場合でも、最初から完璧な製品が完成することはほとんどありません。何がうまくいって、何がうまくいかないかを評価する最良の手段は、厳密なテスト、評価、改良です。3Dプリンティングを使ったラピッドプロトタイピングにより、この重要な試行錯誤のプロセスを実際の製品で柔軟に実行することができます。

スクラップと手戻りを減らす

一般的に、問題が後で見つかるほど、それを修正するのによりコストがかかります。設計サイクルの初期段階で問題を見つけ出して修正することが、スクラップ、手戻り、再ツーリングを防ぐ上で不可欠です。3Dプリンティングを使ったラピッドプロトタイピングにより、工業デザイナーやエンジニアが短い時間でより多くの修正を加えることができるため、市場化までの時間を削減しながら、徹底的にテストすることができます。

アイデアを伝える

現物のモデルは、アイデアを伝える方法としてコンピュータ上のモデルよりはるかに明快です。社内の関係者、顧客およびマーケティング担当者により正確にアイデアを伝えることができます。ラピッドプロトタイピングにより、製品の成功にとって不可欠な明確で詳細なフィードバックが容易に得られるため、デザイナーはフィードバックを素早く反映できます。

実世界でのテスト

ツーリングに投資する前に、製品の外観と機能を正確に定義することが重要です。さまざまな3Dプリンティングマテリアルにより、高精度の性能試験を実施するための強靱な機能プロトタイプや、完成品に限りなく近い外観と感触のリアルなモデルが作製できます。樹脂、熱可塑性プラスチック、複合材料などにより、あらゆる種類のマテリアル特性を活かし、製品を再現します。その多くは、シーリング、研磨、ペイント、メッキ処理といった二次プロセスに耐えられます。

さらに、最終製造プロセスで金型、パターン、またはレイアップが必要な場合は、少量生産ツーリングを3Dプリントして、多額の投資を行う前に製品と製造プロセスを確認できます。



コンセプトモデリングアイコン

コンセプトモデル

詳細情報


機能プロトタイピングアイコン

機能プロトタイプ

詳細情報



カスタマーストーリー

活用事例をすべて読む


プラスチックTruviaコンテナ

Silgan Plasticsのスイートドリーム

「FDMモデルは、設計プロセスでの推量をなくすためにお客様が3Dモデルを評価できるようにすることで、当社の設計プロセスにおいて重要な役割を果たしています。」

- Silgan Plastics社、クリエイティブデザインサービスマネージャ、Stephen Kocis氏

もっと読む


ブラックサーモスマグ

サーモスの魔法びん

「軽量化はもちろん、感触や操作性、 さらには飲物の注ぎ具合の検証まで、以前できなかったことができるようになりました」

-サーモス株式会社 開発部設計課 マネージャー 松山 真 氏

もっと読む


ランボルギーニの赤い車

ランボルギーニのスーパーカー

「設計プロセス中に作製する多くの反復プロトタイプは、組み立て時およびや改良されたロードパスで、より優れた適合性を実現するのに役立ちました。」

- Paolo Feraboli、ワシントン大学

もっと読む


Altura Zenithドローン

Aerialtronicsの飛行

「3Dプリンティング技術により、従来の方法よりはるかに迅速かつ低コストでAltura Zenithドローンの設計と開発を進めることができました。」

- Aerialtronics 社、首席デザイナー、Joost Hezemans氏

もっと読む


ケースの作成


ラピッドプロトタイピングのメリットについてご理解いただいたら、財務担当者や経営幹部を納得させるビジネスケースをビルドする方法について学んでください。

録画ウェビナー ホワイトペーパー

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.