3Dプリントしたモデルドリル。

コンセプトモデリング

アイデアを伝える。インスピレーションを実物に。

コンセプトデザイン段階において、3Dプリンタを利用することによって、エンジニアやデザイナーは数時間または、1日程度で、最終製品に近い実際のモデルを手に取ることができます。

社内のコンセプトモデリングでは、インスピレーションを現実に証明し、製品開発の早期改善への取組、マーケティング活動、設計変更による手戻りを未然に防ぐなど、コスト削減にもつながります。

マーケティングおよびグラフィックデザイン

概要

3D プリントした甘味料ボトルモデル

3D プリントしたコンセプトモデルは、偉大なマーケティングツールです。フォーカスグループに対して、完成品に匹敵する新製品の発売前モデルを表示すことを想像してください。目で見て、手に持って、すべての角度から調べることができます。Stratasys 3D プリンティングにより、設計を社外に出すことなく、わずか数時間か数日間で高品質の製品モデルが制作できます。

PolyJet 3D プリント・マーケティングモデル

マーケティング、社内レビュー、フォーカスグループやグラフィックデザインで使用するため、PolyJet テクノロジーで 3D プリントしたモデルは、ゴムライク、剛体、クリアなものを含む複数の材料を組み込むことができます。

現実的なプロトタイプを使ってマーケティング付帯品とパッケージデザインで飛躍してください。PolyJet テクノロジープリントに基づく 3D プリンタは実物を忠実にプリントするため、製品開発プロセスの早い段階で、正確で緻密プロトタイプを制作できます。

現実的な PolyJet モデルにより、費用のかかる量産前の生産金型を作製することなく、製造前にマーケティング付帯品やパッケージを設計し、製造できます。PolyJet は、微細部と滑らかな面をもつ非常に正確な 3D 製品モデルを制作します。アクリル系材料は後処理をして、モデルを最終製品から本当に見分けがつかないようにする塗装した金属仕上げを制作できます。製品の詳細と機能を強調する付帯品をマーケティングするための写真で正確なモデルを使用し、効果的なパッケージングやディスプレーを設計します。グラフィックデザイナーが製品イメージを付帯品に統合できるようにすることで、市場投下までの時間を短縮し、実際の生産に入る十分前に、パッケージやディスプレーが完成品とシームレスに機能させます。

FDM 3Dプリント・マーケティングモデル

FDM(熱溶融積層)テクノロジーで作製したモデルは、サンディング可能であるだけでなくクロムメッキして、新製品の完成した外観と一致させることもできます。FDM では、生産グレードの熱可塑性プラスチックを使用しているため、モデルに耐久性と完成品の感触を与えることができます。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.