複合ツーリング用FDM

3Dプリントモールドとマンドレルを
短時間で製造

ツールが複雑な形状のアプリケーションにおいて、再使用可能なレイアップモールドツーリングが要求されるか、
サクリフィシャルツーリングが要求されるかに関わらず、FDMテクノロジーは
複合パーツの生産を単純化すると同時に
デザインに比類ない自由度を提供します。 従来のツーリングには数週間から数ヶ月かかっていましたが、
数日以内に高温用ツールを
低コストで製造できます。

複合モールドツーリング

高温用のコスト効果の高いツーリングで、数ヶ月ではなく数日以内に完成

複合ツーリングにFDMを採用したことにより、コストとリードタイムが大幅に削減され、パーツの複雑性に関わらず、デザインの自由度が増し、迅速な反復作業が行えることが証明されました。 これらの長所は、航空宇宙産業などで一般的に見られる高温高圧硬化サイクル要件に耐えるマテリアルと併用すれば、複合パーツメーカーに計り知れない価値をもたらし、イノベーションが促進されます。

メリット

従来のモールドツーリングには多くの労力と機械加工が必要とされ、コスト高や無駄につながり、さらに複雑な大型ツールでは数週間から数ヶ月にもわたるリードタイムが発生することがありました。 リードタイムの長期化は開発プログラム全体を遅延させ、デザイン最適化の障害となります。 さらに従来製法で得られるツールは重くて取扱や保管が難しいという問題がありました。 複合ツーリング用FDMはこうした問題を全て解決します。

コストとリードタイムの削減: 従来のツーリングが数週間から数ヶ月かかっていたのに対し、数日でツールを造形することが可能となり、90%以上のコスト削減効果が証明されています。

労力、機械加工および無駄の削減: 直接、最終モールドツーリングをプリントすることによって、実際の作業と機械加工を削減します。

仕様変更へ迅速に対応: 即時に造形可能なツールデザインをデジタル在庫とすることにより、試作パーツから数日以内に本生産に移行できます。

機能デザインの製造: 「汎用モデル」アプローチとは異なり、アプリケーションごとにツールデザインをカスタマイズします。

工場とはまったく異なる製造法: 工場におけるツールの処理/管理方法とはまったく異なるデザインで、カスタムツールをオンデマンド提供します。

サクリフィシャルツーリング

3Dプリンティングで複雑な複合パーツをより簡単に製造

FDMテクノロジーで製造したサクリフィシャルツーリングで、複雑な中空複合パーツでも簡単に生産できます。 ツールを3Dプリントでき、硬化後に簡単に溶解できるため、モールド作成などの補助工程をなくして、製品開発サイクルを加速できます。

利点

複雑な複合パーツの形状については、硬化後にレイアップツールを取り除く必要があるために、デザイン上、大幅な形状の制約があり、アプリケーションに対してパーツを完全に最適化するのは困難です。 そして、ツーリングを洗い流す場合も、取り外す場合も、収縮させる場合も、マスターモールドおよびパターンの作成で生産に数週間が追加され、コストもサイズや複雑性とともに増加します。

サクリフィシャルツーリング用FDMは、複合マテリアル製造のためにエンジニアリングとテストを行ったマテリアルを採用、複合パーツメーカーの可能性を広げます。

時間がかかる高コストの製作工程をなくすことで、デザインからツール完成まで、数カ月ではなく数日で実現することができます。

パーツ生産時のタフな扱いやオートクレーブ処理にも耐える、強力かつ寸法安定性を備えたツーリングを造形。

サクリフィシャルツーリングのために特別に開発された可溶性マテリアルで、複雑な中空パーツを作成します。

硬化後、洗剤溶液で簡単に溶解する雄サクリフィシャルツールで制御、精度および表面仕上げを向上。

Foutus 900mcアクセラレーションキットで、複合ツーリングの製造をスピードアップ。

航空宇宙、自動車産業あるいは類似分野で広く使用される大型複合パーツや関連ツーリングは製造に数週間から数ヶ月を要する可能性があります。 生産時間とコストを削減するため、StartasysはFortus 900mcアクセラレーションキットを開発しました。 この新しいソリューションは、ASA や ULTEM 1010マテリアルによる大型ツールの製造時間を従来と比較して、最大で3倍短縮しました。

Stratasys Ltd. © 2015. All rights reserved. See stratasys.com/legal for trademark information.